top of page
  • 大橋旅館

駐車場に数字とアルファベットを追加しました❗️

チェックインするお客様に円滑に駐車場をご案内できるよう、駐車場にアルファベット及び数字を追加しました!



駐車場の枠の白線に関しては、2年ほど前に、測量した後にガムテープを地面に貼り、水性ペンキをローラーとハケを使って塗りました。大変ではありましたが、難しくはありませんでした。



今回は文字ということで、ただ直線を引くよりも手間がかかりました。



まず、下の写真のように、A3用紙に数字やアルファベットを印刷して切り抜き、


これらを、駐車場の枠内に、適切な位置を測量した上で貼り付けました。



そして、猛暑の中汗だくになりながら、ハケでやさしくペンキを塗りました。

(最初はローラーを使ってみたのですが、ローラーに紙がくっついてしまうことが判明したので、やめました。)



完成後の写真がこちらです。



旅館の敷地内は、数字(1〜9)としました。

(1、2番は、今まであった植栽を撤去し、新たに増設した駐車場です!半袖で植栽を撤去したら、両前腕がかぶれてしまいました。最悪です😭)




コインランドリー前の駐車場は、区別するためにアルファベット(A〜E)としました。


どうでしょうか。

文字は結構上手くいったのですが、思ったより小さいなあというのが率直な感想です。



室内でA3の用紙を見た時は結構デカい!と思ったのですが、いざ外に出てみるとこんなもんです。錯覚って面白いですね!



普段車で走りながら見ている看板、標識、信号機などは、目の前で見たらとてつもなく大きいことでしょう。



余談ですが、旅館の敷地内の数字には、コインランドリー前のアルファベットよりかなり大量のペンキを使いました。



なぜかというと、コインランドリー前のアスファルトが割と平滑面なのに対して、旅館の敷地内のアスファルトは、粗面だからです。



粗面のアスファルトは、ペンキを塗っても粒と粒の間になかなか色が付かず、本当に苦労しました。



公道の白線のように、機械で厚塗りできれば関係ないと思いますが、素人が手動でやってみると、ここまで差があることに驚きました!



塗り直しは結構大変なので、水性ペンキができるだけ長持ちしてくれることを願います🙏

閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page